会社概要

商号株式会社 シナガワ
所在地〒206-0811 東京都稲城市押立863
電話042−378−2210
FAX042−378−2216
資本金1,000万円
会社設立日昭和61年(1986年)6月3日
事業目的1.ガス計量器の製造、修理並びに販売
2.ガス器具の製造、修理並びに販売
3.各種測定機器及び測定工具の製造、修理並びに販売
4.測定用電子機器の製造、修理並びに販売
5.理化学機器の製造、修理並びに仕入販売
6.一般校正及びJCSS校正業務
前1号〜4号に付帯するMRA認定シンボル付JCSS校正業務
[ISO/IEC 17025:2005(JIS Q 17025:2005)に基づく]
ISO9001(2008年度版)
①ガスメータ・カウンタ及び特殊機器(ガス流量計測システム及び校正装置等)の製造と販売並びにガス流量計、カウンタ等の修理及び校正
②ガス流量計計測関連商品(温度・圧力センサ等)の仕入販売
役員構成代表取締役  関谷 実利
取締役  中根 芳昭
取締役  青木 泰憲
監査役  椎野 寛康
事業の現況1.従 業 員 : 20名
2.利用床面積 : 795平米 駐車スペース10台
取扱品目基準器
・基準湿式ガスメータ(特定計量器検定用)
湿式ガスメータ
・校正用湿式ガスメータ(校正用マスター)
・高精度実験用ガスメータ(研究開発/公害測定用)
乾式ガスメータ
・都市ガス/プロパン用メータ(工業用/家庭用メータ)
・実験用乾式ガスメータ(研究開発/公害測定用)
臭度試験器(カロリック)
ガス比重計(カロリック)
周辺機器
・瞬間/積算流量表示計(デジタルカウンタ)
・温度計・圧力計(気体計測用)
・温度センサ・圧力センサ(アナログ出力式)
システムコーディネート
・ノルマル流量演算システム(精密流量計)
・面積式流量計校正装置(校正システム)
・高圧測定用メータ(エネルギー研究開発)
・ブローバイガス流量測定装置(エンジン開発)
取引銀行城南信用金庫
三菱東京UFJ銀行
主な取引先
(順位不同)
大阪ガス(株)東京ガス(株)東邦ガス(株)
他、各ガス会社
アズビル金門(株) (株)竹中製作所関西ガスメータ(株)
日本ガスメーター工業会所属・各家庭用ガスメータ製造メーカー
本田技研工業(株)出光興産(株)コスモ石油(株)
トヨタ自動車(株) 日産自動車(株)ヤンマーディーゼル(株)
ヤマハ発動機(株)新日本製鉄(株)JFEエンジニアリング(株)
(株)日立製作所富士電機(株)
国立研究開発法人 産業技術総合研究所(AIST)
独立行政法人 製品評価技術基盤機構(NITE)
一般財団法人 日本品質保証機構(JQA)
一般財団法人 日本ガス機器検査協会(JIA)
一般財団法人 日本エルピーガス機器検査協会(LIA)
公益財団法人 日本適合性認定協会(JAB)
慶應義塾学校法人 工学院大学国立大学法人 東京農工大学
国立大学法人 筑波大学国立大学法人 東京工業大学国立大学法人 東北大学
国立大学法人 東京大学三菱ガス化学(株)東京硝子器械(株)
柴田科学(株)関谷理化(株)ケニス(株)
ヤマト科学(株)アズワン(株)アズビル(株)
(株)島津製作所(株)チノー西野産業(株)
三井造船(株)横河電機(株)日本測器(株)
旭化成(株)東洋エンジニアリング(株)千代田化工建設(株)
日本航空(株)ジーエルサイエンス(株)(株)三商
英和(株)轟産業(株)オザワ科学(株)
遠藤科学(株)(株)岡野製作所JXエネルギー(株)
(株)第一科学  
海外取引先
韓国:株式会社 大韓GAS機器
台湾:
中国(香港):

会社概要沿革アクセスマップページトップ

沿革

  1. 当社は、旧株式会社品川製作所(神奈川県厚木市金田871番地創業明治39年(1906年))が、昭和54年(1979年)6月29日解散に伴いその営業権譲渡を受け、 同系列会社旧福岡工場(福岡市東区多の津5丁目20番地5号 創業明治44年(1911年))跡地に新会社として品川精器株式会社を設立。
  2. 新時代の趨勢として顧客の需要に応えるため、関西ガスメータ株式会社が全額出資し、その技術指導と援助を受け、ガスメータの製造・修理並びに販売を開始。
  3. 昭和54年(1979年)10月、東京都品川区西五反田7-1-1に、ガ ス計量器、特殊ガスメータ、他顧客のニーズに応える各種計量器の技術開発機関として開発技術室を新設。
  4. 前記、品川製作所京都工場を昭和51年(1976年)12月に買収した、京都精器株式会社を昭和55年(1980年)7月吸収合併し、品川精器株式会社の本社・工場を京都に移籍した。
  5. 昭和61年(1986年)6月3日、特殊ガスメータ競合製造メーカーであった有限会社品川計測器製作所と業務提携が成立した事により、湿式ガスメータの専門メーカーとなり、 東京の開発機関であった開発技術室を、別法人格の会社として品川精器株式会社を設立。 特殊ガスメータ・各種自動流量測定装置・その他、各種計量器の営業窓口となる。
  6. 平成4年(1992年)5月1日、社名変更により株式会社シナガワとなる。
  7. 平成6年(1994年)11月に有限会社品川計測器製作所(神奈川県相模原市大野台2-11-1)を買収して、新工場を(東京都稲城市大丸2244番地)に移設。
  8. 平成10年(1998年)3月、東京工場に高精度な計量校正事業のため、技術室及び研究室を増設。
  9. 平成10年(1998年)4月、営業拡大の為、本社組織に海外部を新設し、主に輸出入業務を開始。
  10. 平成11年(1999年)4月から中小企業総合事業団殿と、「微小流量湿式基準器の研究調査」委託契約を締結し、平成12年度並びに平成13年度に渡り、 独立行政法人産業総合技術研究所のご指導を受け、研究開発委託契約を受託し、商品化に成功した。
  11. 平成12年(2000年)10月24日に株式会社 東研(東京都文京区湯島2−23−12)からカロリック ガス分析装置・カロリック シリング比重計・カロリック 臭度試験器の営業権を購入し、製造・修理並びに販売業務を開始。
  12. 平成14年(2002年)3月11日にISO9001(1994年度版)《適用範囲:①ガスメーター・SSカウンタ及び特殊機器の設計・製造並びに付帯サービス、②顧客の指定する製品の仕入販売》を取得。
  13. 平成14年(2002年)12月18日にJCSS校正事業者認定を取得。
    ※気体小流量/校正範囲:2.8L/h〜7,000L/h
  14. 平成15年(2003年)6月に関西ガスメータ株式会社より分離・独立。
  15. 平成17年(2005年)2月21日にJCSS校正事業者 測定範囲拡大による認定取得。
    ※気体小流量/校正範囲:2.8L/h〜30,000L/hに拡大。
  16. 平成17年(2005年)3月にISO9001(2000年度版)《適用範囲:①ガスメータ・カウンタ及び特殊機器の設計・製造並びに付帯サービス、②顧客の指定する製品の仕入販売》に更新。
  17. 平成18年(2006年)2月20日に株式会社 品川製作所計装(神奈川県横浜市港南区上大岡東1−27−18)を買収して、流水継電器の製造・修理並びに販売を継承。
  18. 平成18年(2006年)12月にKTL(Korea Testing Laboratory)と試験所間比較校正を弊社の湿式ガスメータで実施し、高精度レベルでの整合性を確認した。
  19. 平成19年(2007年)5月24日にJCSS校正事業者として登録、かつ国際試験所認定協力機構(ILAC)及びアジア太平洋試験所認定協力機構(APLAC)のMRA(相互承認)に適合する事業者として認定されました。
  20. 平成20年(2008年)2月1日にISO9001(2000年度版)《適用範囲:①ガスメータ・カウンタ及び特殊機器の設計・製造並びに付帯サービス、②顧客の指定する製品の仕入販売》を更新。
  21. 平成20年(2008年)12月1日に本社・工場を稲城市押立へ統合した、新社屋:流量研究所にて営業開始。
  22. 平成21年(2009年) JICA研修生(3ヶ国 5名)当社流量研究所へ初めて受け入れ開始した。
  23. 平成22年(2010年)2月 ISO 9001(2008年度版)《適用範囲:①ガスメータ・カウンタ及び特殊機器(ガス流量計測システム装置及び校正装置等)の製造と販売並びにガス流量計、カウンタ等の修理及び校正 ②ガス流量計計測関連商品(温度・圧力センサ等)の仕入販売》に更新。
  24. 平成22年(2010年)2月 JICA研修生(5ヶ国 8名)当社流量研究所へ受け入れた。
  25. 平成23年(2011年)1月 ISO 9001(2008年度版)《適用範囲:①ガスメータ・カウンタ及び特殊機器(ガス流量計測システム装置及び校正装置等)の製造と販売並びにガス流量計、カウンタ等の修理及び校正 ②ガス流量計計測関連商品(温度・圧力センサ等)の仕入販売》を更新。
  26. 平成23年(2011年)3月 自動整準台「ALW-100」販売開始。
  27. 平成23年(2011年)7月 蓄電設備の導入。
  28. 平成24年(2012年)11月 ソーラー発電設置及発電開始。
  29. 平成27年(2015年)3月 東京科学機器協会に入会。
  30. 平成28年(2016年)3月 輸出国累計で70ケ国に到達。
  31. 平成28年(2016年)6月 設立30周年を迎える。
  32. 平成28年(2016年)11月 MFD(Multi Function Display) 発売開始。

会社概要沿革アクセスマップページトップ

アクセスマップ

〒206-0811 東京都稲城市押立863 TEL:042-378-2210 FAX:042-378-2216


株式会社シナガワ 地図

会社概要沿革アクセスマップページトップ