湿式ガスメータ

湿式ガスメータ原理・構造図

湿式ガスメータ原理・構造図

 入口から入ったガスは、液面上部から3~4室に分かれた計量室をそれぞれ満たし、 スパイラル(渦巻状)ドラムを介し、微小のガスもリークすることなく、吹込み管から出口へと流れます。 この一連の繰り返しによるドラム軸の回転運動が、メカカウンタに伝導されアナログ指針と積算流量値を指示します。

湿式ガスメータの特徴

 水またはオイル等の液体でシールされたドラムを計量エレメントとする実量式積算流量計ですので、 比重・粘度に影響されずほとんどのガス体を計量できます。気体の流路においてリークする事のない構造になっているため、 微少流量でも必ず計量し再現性が高い等、優れた特徴をもつ。

W-NK型 実験・環境測定用

W-NK型 実験・環境測定用

 標準仕様でケース、計量ドラムにステンレスを使用しているため、耐久性・耐蝕性に優れる。


動画 詳細はこちら


   ※「MOVIE」を押すとポップアップ画面で使用方法の動画が視聴できます。
W-NT型 大流量用

W-NT型 大流量用

 長年の間、改良に改良を加えてあり、安定した性能と優れた耐久性を有する。


動画 詳細はこちら


   ※「MOVIE」を押すとポップアップ画面で使用方法の動画が視聴できます。
W-NH型 中高圧用

W-NH型 中高圧用

 ケースは圧力容器設計基準に準じ、耐圧性・気密性に優れる。


詳細はこちら

WS型 微少流量・実験用

WS型 微少流量・実験用

 オーバーフロー方式を導入し、半自動的に液面調整を行えるため取扱いが容易。エンプラ製のケースを採用し、小型・軽量化・携帯性に優れる。


動画 詳細はこちら 詳細はこちら


   ※「MOVIE」を押すとポップアップ画面で使用方法の動画が視聴できます。
湿式校正用ガスメータ

校正用湿式ガスメータ

■計量法改正に伴い、基準器(計量器製造事業所のみ使用)に代わる校正用湿式ガスメータを、シナガワが確立しました。
■当社の乾式(DC型)・湿式(W-NK型)ガスメータを大気(濃度)測定にご使用されている環境計量証明事業所では、 「計量機器の維持管理」のため湿式校正用ガスメータをマスターに、社内でガスメータの校正・比較検査ができます。
■社内の流量計の基準として、他の流量計と比較検査・校正ができるのは、シナガワの校正用湿式ガスメータだけです。



詳細はこちら


検定用・基準器

 この基準湿式ガスメータは、長年の経験と実績を有する実測式積算流量計です。 独立行政法人 産業技術総合研究所にて基準器としての比較検査を受け、主に家庭用ガスメータの検定用基準器、 その他工業用流量計の校正用の基準器として使用されております。全測定範囲にわたって安定した精度と低い圧力損失、 堅牢な構造を有し、その優れた性能と容易な取り扱いは高く評価されています。
※ 本器の所持は計量器製造事業所のみ許可されています。


詳細はこちら

梱包サイズ

 W-NK型の国内指定場所への納品に使用される梱包箱の寸法です。

詳細はこちら

乾式ガスメータデジタルカウンタカロリック・特殊機器アクセサリーページトップ