乾式ガスメータ

乾式ガスメータ原理・構造図

入口から入ったガスが計量室に充満すると、ガス圧(ガス入口と出口側の圧力差)を受けダイアフラムが移動、 排気・吸気を切替えるスライドバルブの働きで、 2つのダイアフラムで仕切られた4つの計量室を順次通り出口から排出されます。 2つのダイアフラムは回転クランクにて1/4工程の位相差を持ち、その往復運動数をクランク軸から積算機構に伝え、 積算流量値を指示します。


乾式ガスメータの特徴

 実量式積算流量計のため、比重・粘度に影響されずほとんどのガス体を計量できます。 ガスを湿潤しないため、水蒸気圧の影響を受けません。


DC型 実験・環境・携帯用

DC型 実験・環境・携帯用

 エンプラ製のケースを採用し、小型・軽量化・携帯性に優れる。液晶デジタル温度計を標準で内装。

DC-1A型、2A型製造中止のご案内


DC型部品名称一覧 詳細はこちら

	DS型 大流量・設置用

DS型 大流量・設置用

 標準仕様のガス管接続に対して、オプションとしてゴム管接続にも対応可能。Da型パルス発信器を標準で内装


詳細はこちら

	DS型 大流量・設置用

D-NM型 中高圧用

 ケースは圧力容器設計基準に準じ、耐圧性・気密性に優れる。


詳細はこちら

梱包サイズ

 DC型メータの国内指定場所への納品に使用される梱包箱の寸法です。
他の乾式ガスメータの木枠梱包の場合や海外向けの梱包仕様に関しては、見積依頼時に都度お確かめ下さい。


詳細はこちら

湿式ガスメータデジタルカウンタカロリック・特殊機器アクセサリーページトップ